PERSONピックアップインタビュー

佐藤義久

担当は広告企画 考えるってチカラになる

佐藤義久
G4
広告企画担当
モアグループ入社10年目

佐藤さんはG4でどんな仕事していますか?

G4には大きく分けると「コンパニオン管理」「撮影」「広告企画」の3つの部署があります。自分は受付業務を兼任していますが、メインで「広告企画」の業務を担当しています。お客様向けの集客イベントを考えたり、女性向けの出勤イベントを考えたり、広告のデザインついて考案や修正の指示を出す部署です。
 

販売促進の仕事ですね

ぼく自身、もともと企画や広告に関わる業務が好きでした。もともと広告バナーを作成したりすることもあったので、向いているという理由で担当させてもらっています。兼任ですが、やるべきことがわかっているので広告企画の業務には充実感を感じます。お客様から成約を頂くことも嬉しいですが、それとはまた別のステージで、自分の企画したイベントが当たって会社が盛り上がると嬉しいですね。店長の経験もありますが、今のポジションで任せられている業務が一番しっくりきています。仕事が楽しいです(笑)

G4は会社の方針だけじゃなくて、仕事のやり方や考え方自体が今までの風俗の経営とは違っていて、この業界では珍しい考え方だなと思います。ぼくも業界経験は長いですが、この会社では初めてのことがたくさんあって、その試みの中で僕自身も勉強させてもらっているところです。
 

長い業界経験を経て、G4で変わったことは?

昔は一日の作業が精いっぱいで目の前のことばかりでしたが、G4では企業としてのあり方から考えていける。今まででは想像すらしなかったことを考えられるようになりました。考えることってチカラになるんだなあって思います。
 
一番変わったなと思えるのが「裏付けをとること」を意識し始めたときでしたね。
この業界ではよくある話だと思うんですけど、感覚で仕事をすることが多いんですよね。だからこそ経験に頼る部分が多かったんだと思います。自分が駆け出しのころも、そういう仕事の覚え方をしていたと思います。
 
それが、今は何に対しても「根拠があるのか」ということが気になるようになってきました。
根拠や経緯を把握したうえで結果を見つめる。できるだけ再現度の高い経験を積んでいけるように、昔よりも頭を使うようになりましたね…(笑)
 

見ている景色が変わったんですね

G4で働くまでは自分も「ザ!風俗!」って捉え方でしか、仕事をしていなかったんですよね。広く浅く、業務に対してオールラウンドプレーヤーでなければいけないと思い込んでいた。見る世界が狭かったし、成功だと思えるハードルも低かった。
 
元々いた風俗の会社でも、考えることやデザインが好きだったし、得意だっていう自覚もあったから、そういうことに専念したいなと思うことは何度もあった。その時はメインの業務として受け入れてもらえる環境じゃなかったから踏み出せなかったけど…今は得意なところを任せて貰っているので、仕事が楽しいです。
 
仕事が楽しいと思える理由のひとつに、自分が担当している仕事以外を、信頼して任せられる人間がいるというのも大きな理由かもしれません。風俗のスタッフはマルチタスクになりがちですが、G4では専任化してから「その仕事はやらなくていいんだよ」と「そっちの仕事は任せた」をそれぞれ言い合える関係が出来上がりつつある、良い環境だと思います。
 

次の目標は?

先の長い話ですけど、今の広告企画の仕事で部署を作れたらいいなあと思っています。今までの会社は部長や専務、社長という一本道しかなかったんですけど…今は会社が大きくなれば、自分の得意なことを活かしてグレードアップしていけるんじゃないかと思っています。そのために、最近は本を読むようになりました…!風俗とは関係ない話題や広告デザインについても見聞きして、価値観を広げていけるようにしたいです。これまでは「自分にしか良さがわからないものがカッコイイ」というスタンスだったんですけど、今はやっぱり「できるだけ多くの人に良いと思ってもらえるものを作りたい」と思いますね。
今は前線で働いていますが、ブレーンとして回っていけるように成長できると会社により貢献できるのかなと思います。
 

どんな人と仕事がしたいですか?

自分より仕事ができる人がいいです!自分が知らないことを知っている人がいい。
自分が知っていることを知っている人とする仕事は、そこで完結してしまう気がしますよね。自分もまだまだ勉強したいし、経験がある人の方がいいですよ。部下とか後輩としてよりも、相談相手や切磋琢磨する仲間として接していきたいです。自分の作りたいものに共感して、同じ方向に向かっていける人が良い。あとは一緒に働くひとは、風俗で働く女性や同僚に対して思いやりが持てる人であってほしいです。
 
 

店長や社長との関係性は?

付き合いが長いひとたちなので、ぼく自身、もうわかってる部分もたくさんあります。でも、仕事の場面ではあまり出さないようにしてるので、良い意味で距離が近いのかなと思います。この会社の立ち上げから苦楽を共にした同士、今は和気あいあいと仕事がやれますね。部署が分かれていても、それぞれの先輩同士や上司たちの雰囲気良いとが働きやすくなりますよね。
 

評価についてはどうですか?

風俗業界だと、成果に対してお給料に反映される速度が速いですよね。G4はそのスピード感があるなかで、今までの風俗業界と違う視点…いわゆる「企業」としてのスタイルに変わりつつあるので、評価はしてもらいやすいなと思います。活気がある会社だから、金銭面でも会社のみんなに還元されやすいです。
 

これからのG4

風俗の仕事に対して、偏見や実際のギャップを越えていきたいですよね。
専任化や受付のコールセンター化もそうですが、G4が取り組んでいる一連の試みがうまくいくと、会社はまだまだ大きくなります。受付や女性のケアはもちろん大切ですが、それだけじゃないですよね。風俗を通していろんな仕事を深く、広くやっていくことで、G4はもしかしたら「風俗の仕事」という考え方や今までの見る目を変えられる会社になるかも。
「しかたないから風俗の仕事」ではなく「働きたい企業」としてG4が就職先に選んでもらえるように、会社も自分も成長していきたいですね。
 

いっしょに働きませんか?

募集している採用情報はこちらです。