PERSONピックアップインタビュー

七沢すぐる

G4で知る「風俗業」の本質は?

七沢すぐる
G4
店長
モアグループ入社7年目

G4について

G4は設立1年目の会社で、社員の平均年齢は35才前後です。運営しているお店は老舗店なので過去のノウハウを積んだうえで、新しい取り組みついても意欲的な、体力のあるチームだと思います。社長からは「仕事は楽しくやりたい。そのなかで厳しさもあるけれど、できるだけのびのびとやろう」という方針です。働いているスタッフについても、できないことをいつまでも無理にやらせるのではなく、長所や特技を伸ばしていく。その試みの一環として、G4では会社内でセクションを分けて、分業・専任化を進めているところです。
 

今でもそうですが、風俗業界だと「電話、働く女性の管理、広告…お店に関わることが全部できないとダメ」という風潮が強いですよね。でも人には得意不得意がある。ひとつがだめだから、全部だめということは無い。それに、できないことを無理やりやらせることで力ずくの作業になって、仕事のパフォーマンスが下がる。得意なところがひとつあれば、会社の戦力になってくれるはずだから、G4では運営についても「今までとは違う、新しいやり方を見つけよう」ということで挑戦しているところです。取り組みをはじめてしばらく経ちますが、うまくいっていると思います。
 

実際にG4は幹部陣のなかでも得意不得意が分かれていました。その幹部たちを「営業」「撮影」「広告企画」「求人」などのセクションに分けるところからスタートして、分業を行っています。撮影やカメラがうまいスタッフは撮影、広告やイベントを発案するのが好きなスタッフは企画、スタッフのなかでもまんべんなく業務ができる人を新人教育係にしました。僕はそれぞれのセクションの業務を管理・把握する役割をしています。社長が適材適所に配置するのが上手で、今はぴったりハマってると思います。
 

風俗の仕事は本当にマルチタスク?


そもそも僕が「全部自分でしなくちゃいけない」という気持ちに毎日囚われていて…実際に数年前までは「この仕事でやる業務は全部できないとダメ」「全部できないと昇給できない」という環境だったとも影響していました。自分にとっても長く辛い状況だったんですよね。
けれど、今はスタッフにも新入社員にも「全部のことをできなくてもいい、ひとつ得意なところを伸ばせばレベルアップや昇進の可能性は十分ある」ということを分かって貰いたいし、それぞれの長所を伸ばせるような環境にアップデートしていきたいです。
 
分業・専任化については、会社が軌道にのりはじめたころに僕自身が業務や責任に押しつぶされそうで「これからどういう風にやっていけばいいんだろう」と悩んでいた時に、社長から提案されました。それは「こういう組織づくりにしたらみんな楽になるんじゃないのか」という内容で、実際やってみたら驚くほど肩の荷がおりた。スタッフも専任化することで集中して仕事ができるから、業務の効率はよくなってきています。
 

「この仕事の本質」


僕は携帯の販売やパチンコ屋、営業もやっていたことがあります。
風俗の仕事は右も左もわからなくて、辛いこともたくさんあった。でもこの仕事の本質みたいなものが見えてくると、やっていて楽しいと思えるし、それが成果につながって評価されることもある。今は面白いことの方が多いです。
 
言葉は悪いかもしれないけれど、この業界は女性が商品になっていく世界ですよね。その商品をいかに100%、あるいは最高の状態でお客さんに届けられるかが、僕らのスタッフの仕事です。実際お客さんと接するのは女性ですが、僕らの行動がその女性のモチベーションを左右する。僕らのささいなパスが女性の接客に影響することもある。それは女性個人への対応だけじゃなくて、受付や宣伝だったりする。すべてが相互作用で循環している仕事だと思います。この仕事がどうして成り立っているか、自分の心構えがどういう風に影響するか、そういうことを理解して働けたときに、作業じゃなくて仕事として面白さを感じる。それには最低半年は必要だと考えています。
 
 
僕自身、怒鳴り声がとびかう環境にもいたことがあるので……萎縮させてしまうような威圧感のある注意の仕方はしないようにしています。教育という点ではコミュニケーションの力の加減が難しいので、言い方やタイミングや場所には気を遣っていますね。

あとは忙しいとマイナスのエネルギーが溜まりがちになるんですが、話し合いだけじゃなくて、リフレッシュ休暇をとってもらったりしながら解消していきたいと思っています。
 
それと昔からあるような「残業は当然」「仕事のための自己犠牲は当然」という固定概念を崩していこうという雰囲気になっていますね。そういうイヤなところばかり見せられると仕事は続かない。その反面、向上心のある人や将来幹部になりたいと思う人に対しては、基礎だけだと物足りなくなってしまうので、入社時点で意思を見せてくれる人に対しては幹部候補として教育していけたらいいと思います。
 

経験者優遇。才能を発掘をしたい

G4は今、経験者優遇でポテンシャルの高い人を求めています。長所を伸ばして成長させていくG4の組織づくりだからこそ、発掘できる人材がいるんじゃないかと思っているので…もし今のお店で「なにかちがうな」と思っている人はぜひ一度面接に来てほしいです。この仕事は、感覚でしか教えられないこともあると思いますが、ちゃんと可視化して「ビジネス」として伝えていけることもあると思うので、やりがいだけじゃなく安定も得られます。
「仕事は楽しくやりたい。そのなかで厳しさもあるけれど、できるだけのびのびとやろう」ということからブレず、新しく入社してくれる人たちも昇進していけるように、新しいお店やエリアにも展開していく予定です。
 
 

いっしょに働きませんか?

募集している採用情報はこちらです。